骨董をもっと身近に fufufufu.com
初めての方 全商品 ログイン 新規登録
 検索/品名  価格 円~ 円  ジャンル

半蔵門ギャラリー 壺型土器  

お店紹介

店主紹介

その他の商品

御売約
※画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。
     
 
径4センチの底面から、径8センチの球形の胴部へと、風船を膨らましたかのようにふわりと膨らみ、さらに緩やかな曲線で肩からほぼ直立に立ち上がる頸部、そしてゆるやかに開く口をもつ壺型土器です。

この壺、一見、端整なようですが、ぐるり一周回すると、胴部の膨らみなのか、肩から頸へと向かう時なのか、微妙にかしげ、可笑し味のある姿を見せます。

経年の風化によるものか、いっ時水中にあったものか、表面は削られ、荒い砂つぶが肌一面ぷつぷつと顔を見せ、所々キラリと光ります。この、触れるとざらつく、肌の面白さも魅力です。
状態は、口辺の欠けだけですが、それも時代を経た柔らかな表情に映ると思われます。

このまま鑑賞されても、落しを入れて花を添えても良い小壺です。

時代は、縄文晩期から弥生時代にかけてのものだと思います。
高さ:10.5 cm 箱なし
 


Copyright (c) fufufufu.com All rights reserved.