骨董をもっと身近に fufufufu.com
初めての方 全商品 ログイン 新規登録
 検索/品名  価格 円~ 円  ジャンル

花地蔵 古染付花卉文輪花皿  

お店紹介

店主紹介

その他の商品

御売約
※画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。
     
 
中国、明時代末期の古染付花卉文輪花皿です。
美しい花草が描かれた更紗文様が皿全体に構成され、装飾的で華やかな雰囲気を醸し出しています。
洒落た更紗文様が心を捉え、長く眺めていても見飽きません。
口辺や見込みに向かう輪花の加工も、皿の造形に変化と奥行きを与え、面白味を加味しています。
鑑賞用の絵皿としても美しさ抜群で、目を楽しませてくれますが、菓子皿としてお使いになれば茶席を華やかに演出してくれます。

※図録「古染付と祥瑞─日本人の愛した<青>の茶陶─」出光美術館2013に同手の皿が紹介されています。また、「古染付と祥瑞 その受容の様相」淡交社のP137図44では、同形・同図の皿が祥瑞更紗文皿と紹介されています。

口辺部分に、虫喰(むしくい)があり、高台周辺に砂が付着している砂高台です。ですがそれらは古染付の特徴であり、キズとは見なされません。矢印A・B・Cの部分にニュウがあります。矢印D部分にソゲがあります。ですが全体の景色に溶け込み気になるものではありません。

直径206mm×高さ35mm

ご売約ありがとうございます。
 


Copyright (c) fufufufu.com All rights reserved.