骨董をもっと身近に fufufufu.com
初めての方 全商品 ログイン 新規登録
 検索/品名  価格 円~ 円  ジャンル

加島美術 望月玉成「水蓮金魚図」  

お店紹介

店主紹介

その他の商品

この商品について店主にメール

※画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。
 
望月玉成「水蓮金魚図」
絹本 着色 共箱

64×79㎝ / 172×98㎝

望月玉成は明治から昭和にかけて活躍した日本画家です。望月家は京都御所にも出入りを許された絵師の家系で、玉成はその6代目。花鳥画を得意とした父・玉渓と、京都画壇の巨匠として知られる西山翠嶂に絵を学びました。

本作は円山四条派の写実表現に基づきながら、睡蓮をぬって軽やかに泳ぐ金魚やメダカの姿が描かれています。父・玉渓にも通じるやわらかな自然表現は詩的で、望月派ならではの品格を備えています。
淡彩表現による青色が涼やかさを一層引き立てる、夏らしい季節感のある一幅です。

※最新の在庫状況および販売価格は加島美術までお問い合わせください。
 


Copyright (c) fufufufu.com All rights reserved.