骨董をもっと身近に fufufufu.com
初めての方 全商品 ログイン 新規登録
 検索/品名  価格 円~ 円  ジャンル

古美術 中上 扇面蒔絵中次  

お店紹介

店主紹介

その他の商品

※画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。
     
 
流水文に扇面を散らした華やかな意匠。中細の金を使用した平蒔絵や粗目金の梨地、絵梨地、高蒔絵と技法の限りを尽くし、葉脈は引掻きで表現するなど嵯峨棗の系譜を感じさせる中次です。木地の角もぴしっと気持ちよく立っており、薄い下地漆により身蓋の接面や畳付が摩耗したさまも見目麗しく。様々な道具と取り合わせしやすいのも魅力と思います。

口径が底径より僅かに広いつくりは古様を示しておりますが、江戸中期頃の作でしょう。嵯峨棗は何度か扱いましたが、状態のよさや品格の高さは随一。中次ですので濃茶に使えるのも嬉しいですね。

高 72mm
口径 76mm
次第:市松文仕覆、桐箱、風呂敷


江戸中期(18世紀)
200,000円


Copyright (c) fufufufu.com All rights reserved.