骨董をもっと身近に fufufufu.com
初めての方 全商品 ログイン 新規登録
 検索/品名  価格 円~ 円  ジャンル

古美術 中上 古銅 兎筆架  

お店紹介

店主紹介

その他の商品

御売約
※画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。
     
 
兎は高く跳ねる動物ゆえ「高みへと昇る」と縁起もよく、その愛らしさも相俟って古より日本人に愛されてきたモチーフですが、桃山から江戸時代にかけて流行した「耳長兎」は水滴等で散見するものの筆架は初見です。怖い(可愛くない)表情や柔らかなモデリング、ずしりと手重りする地金の確かさ等古様を示しており、桃山の気風を残した作品といえるでしょう。

背中に鋳不足のくぼみがありますが直しはなく、状態は大変良好です。筆架のほか、床飾りや奉書押さえとしても御活用ください。

幅 83mm
高 48mm
付属品:桐箱


江戸初〜前期


◎御約定:ありがとうございました。
 


Copyright (c) fufufufu.com All rights reserved.