骨董をもっと身近に fufufufu.com
初めての方 全商品 ログイン 新規登録
 検索/品名  価格 円~ 円  ジャンル

古童 漆絵 鶴亀文 丸膳  

お店紹介

店主紹介

その他の商品

この商品について店主にメール

※画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。
     
 
民藝的漆絵というのは地味なジャンルではありますが、派手な蒔絵(決して否定するわけじゃありませんよ、
まったく違う魅力があるってことです。)と違って
庶民の生活に根差した健康的で曇りのないところが大きな魅力と思います。

好きでたくさん扱ってきたつもりでもやっぱりこの世界は奥が深いもので、こうして初見のものが扱えるのはうれしいものです。

浄法寺の蓬莱箱の蓋によく吉祥文である鶴亀を配するのは見かけることが出来ますね。これも黄色と緑の漆を切り絵のように置き、細い線で伸びやかに鶴や亀の顔や手足を描いています。組み合わせる植物は竹のようですね。これもまた常緑であるところから吉祥文様として好まれるものです。

さて産地については、典型的なものはともかく、いつも頭を悩ませるもの、これも正確なところはわかりません。しかしこの色の構成、浄法寺の鶴亀とはまた違った表現方法、などから三重県の桑名盆の可能性を考えてみたくなりました。彼の地では周縁の立ち上がり部分などは波状文をヘラで付けていくものがとても多いのですが、これにはありません。しかし色の配置や切り絵的な絵付けから浄法寺とは考えにくいように思います。どことなく都の手工芸的な影響も考えたくなるような
絵ですね。

漆絵のジャンルは地味と冒頭に云いましたが、逆に云うと陶磁器などに比較してまだ面白いものが巷間にあるとも云えます。この一品も民藝館にあって遜色ない、庶民の健康的な優品と云えるのではないでしょうか。

直径25.2~26.2センチ 高さ4.7~5.5センチ

江戸時代

口縁から割れが生じているところが2か所ほどありました。その他全体的に擦れ、剥落、打痕などが見られますが補修などはありません。割れも不安を感じるようなものではなく、この状態で安定
していますのでコンディションは良好と云えます。
55,000円


Copyright (c) fufufufu.com All rights reserved.