骨董をもっと身近に fufufufu.com
初めての方 全商品 ログイン 新規登録
 検索/品名  価格 円~ 円  ジャンル

古美術 吉戸 金ー元時代 磁州窯鉄絵水指  

お店紹介

店主紹介

その他の商品

この商品について店主にメール

※画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。
     
 
金ー元(1115−1368)時代に中国河北省にかつて存在した、中国宋磁民窯の雄である磁州窯で焼成された素晴らしい壷です。お茶方が愛用しておられたようで、古格のある塗蓋が誂えられ、水指として愛用されていました。発掘品ではあるでしょうが、お茶に使用されて来ただけあって、非常に清潔で、更に水をたっぷりと得た肌には潤いと艶があり、瑞々しいフレッシュな作品に育っています。水漏れもないので、すぐに御使い頂けます。

鉄絵磁州窯作品はかつては高麗の産だと考えられていました。それ故に「絵高麗」と呼ばれ、お茶席で非常に人気の格が高い作品として尊ばれてきました。磁州窯は北宋時代に生まれ、明時代くらいまでその生産を続けました。庶民の需要を満たす、所謂民の為の窯、民窯ですが、中にはとびきりの白眉もあり、白黒搔き落とし作品の中には数億円する磁州窯も数多く存在します。

本作の技法としては、まず素地を素焼きし、石灰をまぶす”白化粧”を施します。これは、白灰色がかった素地に一層の白さを与え、上から描かれる鉄絵の黒のコントラストを引き立たせる為です。その上から鉄で絵を描き、水を張る内部には用途に耐えるように黒々とした釉薬をたっぷりと施して防水仕様に仕上げられています。鉄絵は非常に躍動感のある、筋肉がはち切れんばかりの若鳥が三羽、器面いっぱいに描かれており、肩と腰部分にも非常に効果的に波状文などの装飾が力強く配され、効果的なアクセントとして作品を完成させています。

器本体の形も非常に爆発的なエネルギーを感じさせるメリハリの効いたデザインで、広々した豊かな開きを見せるおおらかな口から一気に力強く肩が張り、腰が一気にくびれて引き締まって行きます。緩急の効いた緊張感と躍動感、そしておおらかさを湛えた素晴らしい造形美を見る事ができます。あんなに小さい底造りなのに、完璧に安定しているところが匠の確かな技を感じさせます。天晴の一言です。

造形美、卓越した絵付け、使用に適う清潔さ、そしてなにより700−900年前の大中国大陸で生産されたロマン溢れる太古作品が無傷完品の状態で日本に招来され、今ここに完全な姿で残っている奇跡、その事実に触れられる喜びと幸せを私は感じました。このような上等の作品は数十年間だと数百万円していました。現在、まだ磁州窯の人気がブームに達していないので、このような頭一つ抜けた上等の作品をラッキーで破格の値段で手に入れる事が出来ました。間違いなくお値打ち品だと申し上げていいと思います。本当に良い作品なので、是非よろしく御一考ください。

産地:中国
時代:金ー元(1115−1368)
状態:無傷(口に僅かな窯傷のみ)(塗蓋のつまみにヒビ)
寸法:高さ約16.5cm 口径約16.2cm 胴径約23cm
次第:桐箱

税送料込価格
280,000円


Copyright (c) fufufufu.com All rights reserved.