骨董をもっと身近に fufufufu.com
初めての方 全商品 ログイン 新規登録
 検索/品名  価格 円~ 円  ジャンル

古童 朝鮮 三嶋手 鉢  

お店紹介

店主紹介

その他の商品

この商品について店主にメール

※画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。
     
 
細かな縄文象嵌の文様とダイナミックな高台の作りが魅力の鉢ですね。

繊細であったり高貴であったりの官窯的逸品もそれはそれで素晴らしいものですが、これは野趣あふれる民衆のうつわと云う感じですね、あくまでもイメージの話しですが。もっともこうした陶磁器を使用できたのは身分のある人たちですが、もともと民族の持っているおおらかさが存分に盛り込まれたうつわということは云えるでしょうね。

本来は蓋があったものではないかと思います。ちょうど日本ではおひつや塗物の飯器のような使い方をしたのではないでしょうか。また食する前には供物としてお供えしたかもしれませんね。

胴には細かな文様を鉋で入れて後から刷毛目の技法で白泥を塗りつけて象嵌しています。細かなリズミカルな文様が心地よい仕上がりです。ぷつぷつと開いたピンホールも味っぽく面白い質感ですね。

また私が一番ガツンとやられたのは手強い高台です。大きな瓶などにも見られるような畳付が太く強く削り出され、縮緬皺と云うよりはもはやザクザクした土の波が見えていて見飽きない景色になっています。

茶碗やぐい呑みのようには使いませんが、こうした食器もおもてなしには必要じゃないでしょうか。また鑑賞にも堪え得るような堂々とした造形はとても魅力的と思います。

口径15.9センチ 胴径17.0センチ 高さ10.8センチ

朝鮮時代前期

桐箱に収められています。

口縁から約2.5センチのニュウが2本、微細な3ミリほどの削げがひとつありました。

参考画像は同手品ということで掲載致しました。
110,000円


Copyright (c) fufufufu.com All rights reserved.