骨董をもっと身近に fufufufu.com
初めての方 全商品 ログイン 新規登録
 検索/品名  価格 円~ 円  ジャンル

古美術 吉戸 宋白磁霊芝耳盃  

お店紹介

店主紹介

その他の商品

この商品について店主にメール

※画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。
     
 
中国山西省の白磁窯である霍州窯(かくしゅうよう)にて金時代(1115-1234)に焼成された非常に希少で素晴らしい白磁盃です。北宋定窯や磁州窯の系譜を引く白磁作品で、深みのある象牙色を帯びた深みのある白色と涙痕と呼ばれる釉垂が定窯との関連性を強く感じさせます。霊芝耳が霍州窯の特徴で、現存する霍州窯と判別される作例は非常に希少です。

アイボリーホワイトと呼ばれ珍重される定窯に引けを取らぬ美しい象牙色の白磁作品で、磁州窯や邢州窯の雰囲気もふんだんにあり、それらの窯に分類されがちですが、この特徴的な霊芝耳と白磁の雰囲気からして山西省の霍州窯であると古陶磁学者の先生にご教示頂きました。磁州、邢州、定窯作品は扱ったことがありますが、霍州窯は初めてです。とても希少なので是非と思います。

状態は抜群です。スカッと澄み渡る美しい内部は欠点一つなく、最高の焼き上がりです。造形美しく可愛らしい霊芝耳が残存します。耳は釉薬によってしっかりと溶着しており、外れておりません。高台に当時の窯傷が若干ありますが、後年のダメージではありません。奇跡的に無傷の素晴らしいコンデションを保っている本作は世界的に見ても非常に希少で優れた作品です。近年では希少な宋磁を是非この機会に入手して下さい。心からオススメできる文句無しの逸品だと思います。

産地:中国 霍州窯
時代:金時代(1115−1234)
状態:無傷(窯傷のみ)
寸法:口径約8.3cm(耳含め10cm)高さ3.5cm(耳含め4.5cm) 
来歴:日本個人旧蔵
次第:桐箱

税送料込価格
650,000円


Copyright (c) fufufufu.com All rights reserved.