骨董をもっと身近に fufufufu.com
初めての方 全商品 ログイン 新規登録
 検索/品名  価格 円~ 円  ジャンル

古童 漆絵 宝珠文 見立平盃  

お店紹介

店主紹介

その他の商品

御売約
※画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。
     
 
もともと四つ組の椀の一番小さい引入れ合子と呼ばれるものじゃないかと思います。もちろん蓋としても使いますが、汎用性の高いものなので小皿としても利用するわけですね。

残念ながら大きな飯椀(いいまり)とは離れ離れになってしまいましたが、(もしかすると大きいのはより使用頻度が高いので壊れてしまったかもですね)これを打ち捨てておくのはあまりにもったいないと考えたのでしょう、前所有者は酒盃に見立てていたようです。そう見ると平盃としてお目出度いお正月に出番がありそうですね。

庶民の塗りではない丹生を使った鮮やかで温かみのある見込みの朱、柔らかい味が好ましいところです。外側の黒漆はしっとりとして厚く丁寧に塗られています。そうここに切箔や源氏雲、鶴や桃などの文様を入れるとそのまま秀衡椀になりますね。つまりそれら秀衡椀と同じ作りのものであったわけです。この宝珠文は後から入れた可能性もありますが、神前や仏前で捧げるための器としてこのような文様を入れたのかもしれません。

高台内を仔細に観察してみると味のいいきれいな断紋が表れ、全体も経年変化で楕円形になっています。またその高台の内刳りが浅く、垂直ではなくアールがついた刳り方なのも古格がある椀の特徴と思います。

根来の名品とは違うものですが(そんなものを使うのもだいぶ勇気がいりますがね)、ちょっとうれしい漆器ではあります。

ハレの日に取り出して使いたい酒器じゃないでしょうか。

口径8.8~9.0センチ 高さ2.6センチ

桃山~江戸時代前期頃

口縁にひとつ補修がありました。画像をご覧ください。

御売約ありがとうございます。
 


Copyright (c) fufufufu.com All rights reserved.