骨董をもっと身近に fufufufu.com
初めての方 全商品 ログイン 新規登録
 検索/品名  価格 円~ 円  ジャンル

企画展

加島美術
企画展名: 西郷隆盛と幕末三舟の書展
開始日: 2018/07/16/
終了日: 2018/07/22/
コメント: 明治維新から150年の節目の本年に、「西郷隆盛と幕末三舟の書展 〜書より見た英雄の無心のはたらき〜」を開催致します!

 ★幕末三舟とは・・・勝海舟、高橋泥舟、山岡鉄舟ら、その名に「舟」の字を持つ三人の能筆の総称です。

 加えて、本展示会の開催に伴いまして「幕末遺墨鑑定会」を発足しました!この「幕末遺墨鑑定会」では、勝海舟、高橋泥舟、山岡鉄舟、徳川慶喜をはじめとした、幕末の作品の鑑定を行います。お手持ちの作品の真贋が知りたいなどのご相談も受け付けます。

====================
「西郷隆盛と幕末三舟の書展」のコンセプト
====================
 時代の変革期の荒波を乗り越えた彼らの発するメッセージを、明治維新150年の節目の今年にみなさまに改めて伝えることです。それらは、平成の時代の終わりを迎えようとしている私たちにとって、これから歩むべき方向を探る一助となるはずです。同時に、維新に関係した先人たちの再評価に少しでも寄与したく思います。

=========
 本展の見どころ 
=========
 西郷隆盛(南洲)と幕末三舟(勝海舟、高橋泥舟、山岡鉄舟)、彼らは明治の世になり多くの書を残しました。四人四様の書を見較べることに、本展の面白さがあります。またこれらが一堂に会するのはとても貴重な機会となります!

○「敬天愛人」の語に代表されるような天地への畏敬と慈愛の溢れる南洲の書
○グローバルな視野に立った自由闊達な海舟の書
○槍の理法をもってして志を貫いた泥舟の実直な書
○自己陶冶に徹し剣術と禅を極めた篤実な鉄舟の書

ぜひ、書風の違いを楽しむことで、彼らのひととなりを感じてください

==============
「幕末遺墨鑑定会」について
==============
 勝海舟、高橋泥舟、山岡鉄舟、徳川慶喜のほか、幕末の作品の鑑定を専門に行う鑑定会を発足いたしました。有識者で構成される、初の幕末遺墨専門の鑑定会です。株式会社加島美術が受付窓口となり、月に一回お持ち込みいただいた作品の鑑定会を行い、真作と鑑定された作品には、鑑定証書を発行いたします。
※鑑定会の収益金の一部は幕末作品の保存や修復に充てられます。

特設ページはこちら→ http://bit.ly/2MDK6ch



Copyright (c) fufufufu.com All rights reserved.